悪いおみくじは、ラッキー

仙台行きは中止になりました。

電話では明るく振舞っているけれど、
肩の手術をしたばかりだし
不安な気持ちで毎日を過ごしているだろう母。

顔をみて、色々、話したかったのですが。
もう少し、時期を待つしかなさそうです。

-----

区が支援物資を受け付けているとのことで。
地域センターにオムツと幼児向けお菓子を持っていきました。

色々と調べたのですが、個人の物資を受け付けてくれる窓口は少なく。
とても助かりました。

-----

仙台行きのためにせっかくPがとってくれた有休だしと。
久しぶりに横浜に行ってきました。

Iさんは、週末ではないのに大好きなお父ちゃんがいて。
なんだかとても嬉しそうでした。

関帝廟でおみくじをひいたら。
どんびきするほど、悪いことが書いてあって。
ちょっと落ち込んでしまったのですが。

関帝廟の人に言われ、そのおみくじは燃やしました。
中国のおみくじは、悪いおみくじが出たら。
燃やして、神様にかえすのだそうです。

母も、悪いおみくじが出たら、それはラッキー。
それより下はないのだからと元気付けてくれました。

その言葉を信じて。
これからどんどん、事態がよい方向に向かってくれればと思います。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-26 01:27 | TOKYO 日常
<< 被災地にはやくガソリンを! 水への不安 & 東北道が通行可能に >>