南仏旅行 Day2 アビニョン

a0084208_16362596.jpg毎度のことながら、朝の遅い我が家。
それでも、朝ごはんはゆっくりいただきます。

天気がよく、テラスで食べている人もいました。

a0084208_1637795.jpg

最後にホテルをちょっと探検!

a0084208_16373452.jpg我が家の泊まった部屋へと続く階段。

ランプだったり、階段の手すりだったり。
ちょっとした細部のインテリアまで素敵でした。

フロントにはイースター用のフラワーアレンジが。

a0084208_16414457.jpg


a0084208_1644921.jpg広いお庭はきちんと手入れされています。

ゴッホが好んで題材に選んだ糸杉も
何本かそびえていました。
細長くて、かなり高さがあります。

a0084208_16442767.jpg

一泊だけでしたが、とても居心地のよいホテルでした。
後ろ髪ひかれる思いで、アヴィニョンへと向かいます。

a0084208_16492742.jpg途中、ホテルのある街の史跡近くを通りました。

いつか、ゆっくりとみて回りたいなぁ。

a0084208_16495317.jpg

無事、アヴィニョンに到着。
車を駐車場にとめて(一安心!)、街を散策しました。

a0084208_18231319.jpga0084208_18234650.jpg
a0084208_1834210.jpga0084208_18342375.jpg


中世の街並みや、可愛いお店を見ているだけで、飽きることがありません。

a0084208_18482171.jpgパレ広場からみた‘教皇庁宮殿’。

1309年~1377年。
フランス国王とローマ教皇の対立がきっかけで
アヴィニョンにローマ教皇庁がおかれました。

宮殿は巨大で、巡るのにはかなりの時間がかかりました。

a0084208_1851630.jpga0084208_18513038.jpg

テラスにのぼると、アヴィニョンの街並みが一望できます!

a0084208_18531331.jpga0084208_18542338.jpg

お土産コーナーではコート・デュ・ローヌのワインがたくさん売られていました。

a0084208_252924.jpgローヌ川沿いの南北約200kmの広大なエリア。
そのため、北部と南部でワインのスタイルが異なります。

我々が購入した二本は南部のもの。

その名も‘シャトーヌフ・デュ・パプ’、
訳すと‘教皇の新しい城’・・・まさにこの宮殿のことです!


a0084208_2151219.jpg南部は年間を通じて温暖な気候のため
ブドウが完熟し、酸味が乏しくなりがち。

そのため、複数の品種をブレンドして
味のバランスをとっているそうです。


お土産をゲットし、ワインの試飲もしてご機嫌♪ 
‘サン・ベネゼ橋’へと向かいました。

a0084208_2264723.jpg昔は対岸まで続いていたそうですが、
現在は4つのアーチしか残っていません。

橋からは街を囲む城壁が見渡せました。

a0084208_227731.jpg


a0084208_2291962.jpgローヌ川ではカルガモの親子が水遊び。

我々も時間があったら
川岸でお昼寝でもしたかったな。。。

a0084208_2293539.jpg


アビニョンの街をあとにし、カマルグへの湿地帯へと向かいます。

[PR]
by bamuse1218 | 2007-04-07 16:18 | OTHERS@Oversea
<< 南仏旅行 Day2 カマルグ ... 南仏旅行 Day1 >>