北イタリア旅行 Day2 ボローニャ

a0084208_22442812.jpg朝ごはんをペロリと完食。

昨晩、あんなに食べたのに。
どうしてお腹が減るのでしょうね。


a0084208_22445033.jpg‘ボローニャ’観光へとくりだしました。

街の中心部は、ぐるりと
14世紀に作られた城壁で囲まれています。


a0084208_22451038.jpg‘ボローニャ’の街で特徴的なのが
どこまでも続くレンガ色のアーケード。
ポルティコと呼ばれる柱廊なのだそうです。

色々な様式を眺めるだけで楽しめます。

a0084208_2323028.jpg


a0084208_22504398.jpg街の中心、‘マッジョーレ広場’に到着。

広場には有名な‘ネプチューンの噴水’が。
16世紀に建造されてから、
街の象徴的存在なのだそうです。

a0084208_2251598.jpg


a0084208_22594229.jpg広場には大道芸人も多く。
中でも、人気を集めていたのが
こちらのJAZZグループ。

思い出にCDを買っちゃいました♪

a0084208_230423.jpg


a0084208_2352278.jpg‘サン・ペトロニオ聖堂’は未完の聖堂。

聖堂内のフレスコ画がみどころですが
堂内は残念ながら撮影禁止。


a0084208_3434149.jpgその後、旧ボローニャ大学へ。

1088年に創立された世界最古の大学で、
回廊には学生や学者たちの紋章が。

a0084208_514021.jpg


a0084208_531742.jpg回廊から続く階段を登ると、
二階は図書館として使われていました。

昔の教室を再現・保存した部屋もあります。

a0084208_544327.jpg


a0084208_7115447.jpg街に残る12~13世紀の高い塔。

低いほうの塔は3m以上の傾きが。

高いほうは高さ97m、498段の階段を
最上階まで登ることができます。


a0084208_7261440.jpg塔の内壁にはりつくような
長い長いらせん状の階段。

幅はすれ違いがかろうじてできるぐらい。
段は急だったり、狭すぎたり。


a0084208_7285480.jpg最上階は展望台になっていて
街を一望することができます。

うーーーんっ、頑張った甲斐あり!

a0084208_7291797.jpg


時間があまりなく、ゆっくりと買い物を楽しむことはできませんでしたが。

a0084208_731291.jpg生ハムのぶら下がる
美味しいそうなお惣菜屋さんや。


a0084208_734117.jpg新鮮なお魚が並び、
地元の人で賑わう魚屋さんなど。


魅力的なお店がたくさんありました。
いつかもう一度、ゆっくり遊びにきたいな。。。


a0084208_7475495.jpg‘ボローニャ’観光の締めくくりはランチ!

ミラノに住むお友達のYちゃんが調べてくれた
イタリアスローフード協会お薦めのお店へ。

‘DA GIANNI A LA VECIA BULAGNA’。


a0084208_7511037.jpgイタリアで飲むワインは。
どうしてはずすことがないのでしょうか。

このサンジョベーゼのワインも
スイスイ飲めちゃう美味しさでした。


a0084208_758724.jpg前菜の盛り合わせ。。。これが絶品でした!

特にパテ類やムース類が特に美味しく。
ワインも、すすむ、すすむ。


a0084208_835737.jpg私は‘ボロネーゼ’の食べおさめ。

‘肉系’、‘トマト系’の味にわけるなら。
本場は‘肉系’に属するように思います。

‘トマト系’派の私だけれど、
本場の味はやっぱり美味しかったぁ。。。


a0084208_817217.jpgPは‘生ハムのタリオリーニ’。

ペペロンチーノ風なシンプルな味付け。
でも、生ハムがふんだんにはいっているので
飽きることなくペロリと食べられちゃいます。


a0084208_810307.jpg狭い店内は予約客で満席。

大満足のランチでした。
調べてくれたYちゃんに感謝です!


そして、駅へと向かい。。。

a0084208_811405.jpgユーロスターで‘ミラノ’へと向かいました。

約8ヶ月ぶりの訪問です!

[PR]
by bamuse1218 | 2007-04-28 22:16 | OTHERS@Oversea
<< 北イタリア旅行 Day2 ミラノ 北イタリア旅行 Day1 ボローニャ >>