Spain旅行 Day5 Carmona →→ Barcelona

(Spain旅行記 文章:by P/Photo:by Bamuse)

ホテルで朝食を取った後、軽く散歩。

a0084208_16484068.jpg綺麗なプールがついており、眺めが最高。

上を見上げればパラドールの建物。
下を見下ろせば、どこまでも続く麦畑。


a0084208_16492666.jpgちょっとカルモナの街も歩いてみる。

古い街らしく、
趣きのある建物が随所にある。

a0084208_6102434.jpg


飛行機の時間があるので早々に切り上げ、一路マラガ空港へ。

a0084208_12183924.jpg途中、タバコ休憩で立ち寄った
Osunaという街。

マラガ周辺には「白い街」が無数にある。

a0084208_12195764.jpg


a0084208_16495449.jpg面白い形の岩山を見つけて一服。

5日間で1300キロ近く走りました。
お疲れさま。車も僕も。

a0084208_1650353.jpg


無事に車を返し、夕方5時前の飛行機でバルセロナへ。
さようならアンダルシア、また来ます。

a0084208_17303746.jpgバルセロナは大都会。

空港からタクシーでとりあえずホテルへ。
サグラダ・ファミリア教会等
観光スポットに程近い便利な場所にあった。


a0084208_1733283.jpgネット手配でホテルを送付先に指定した
闘牛のチケットを無事受取り。

荷物を置いて早速街へ。


闘牛場はスペイン中にあるが、各闘牛場で闘牛をやるのは年に10回もないくらい。
たまたま今回の滞在中にバルセロナで闘牛をやっていたので、
「せっかくだから」(←我が家の旅行中の常套句)観ることにしたもの。

a0084208_22534932.jpg開始まで時間があったので
場末感満点のバールでビールと軽食を。

TVでテニスをやっていて全仏オープン決勝、
しかもフェデラー対スペインのナダル。
ちょうど試合が終わるところでナダル優勝。

スペイン人大喜びかと思いきや
それほどでもない。
地元出身じゃないからかな。


a0084208_2257787.jpg闘牛場は日本の野球場、
もしくは地方競馬場の雰囲気。

半分以上空席。
観客は観光客以外はスペインおやじ。
客層だけ見ても闘牛の将来は暗そうだ。


a0084208_23055.jpg動物愛護団体の突き上げも
厳しくなってきてるし。

闘牛場の入り口には
「Stop Bullfight」のプラカードがたくさん。


さて闘牛開始。闘牛士3人につき牛2頭ずつ、合計6回。
闘牛は完全に制度化、儀式化されており全て同じ段取りで行われる。

a0084208_1394653.jpgまずは闘牛の入場。
脇の控小屋から飛び出してくる。

これを闘牛士と助手が
カポテ(布)を振って走らせるのだけど。
牛によって全くやる気が違う。


a0084208_1402350.jpgその後、馬に乗った槍の騎士が2人登場。
牛を馬上から2回刺す。
これはちょっとかわいそう。。。牛というより馬が。

怖がるからか目隠しをされており、
鎧はあるもののもろに牛の突進をくらう。
イギリス人は許さないだろうね、これは。
馬好きだから。


a0084208_1421965.jpgお次は徒歩の銛隊が3人。
2本ずつ銛をもっており、牛を誘い出し
ぎりぎりで突進をかわして肩に銛を指す。

この時点で牛は相当の出血。
血が駄目な人や動物愛護な人は駄目かも。
隣の日本人観光客なんてドン引き。


a0084208_1522857.jpgそしてとうとう闘牛士の登場。

カポテを巧みに振り、
時には掛け声で闘牛を奮い立たせ、
ぎりぎりのところで華麗に突進をかわす。


a0084208_152501.jpgその後、剣を交換しとどめに。

うまく急所に入ると1発で牛は倒れる。
けど1発で仕留めるのは難しいみたい。

半分くらいは剣を抜きもう一度刺したり、
助手が短剣でとどめを刺したりしていた。


a0084208_201064.jpg死んだ牛は3頭の馬に引かれて場外へ。
これを6回、約2時間で闘牛は終了。


闘牛の評価は人それぞれだろうけど、僕たちは感動した。
見たところ観客は闘牛にも敬意を払っているし、闘牛士達の牛との戦いは文字通り死闘。

実際僕らが見たときも地元バルセロナ出身の闘牛士が
2回目の演技中に闘牛に倒されて小突き回され、慌てて助手達が助けに入った。
幸い彼は立ち上がり、その後も演技を続けて最後は見事1発でとどめ。

a0084208_213919.jpg立派な演技をした勲章の牛の両耳をもらい
その日最大の喝采を受けていた。

スペインおやじ達は大興奮。
後ろのおやじ達は意味は分からないけど
「ヤッター、ヤッター」と叫んでいたし。


a0084208_213453.jpg会場中がスタンディング・オベーション。

示し合わせて持ってきたのか
白いはんかちをぐるぐる振り回し。

花やらゴミ(?)やら生きた鳥(!)やらを
彼に向けて投げ込んでいた。


ちなみに殺された牛はちゃんと処理して食べられるそうだ。
闘牛場の近くに肉屋があったけどひょっとしたら?

闘牛場を後にしいったんホテルへ。
もう疲れて寝てしまいたかったけど、お腹を空かせた奥さんからブーイング。
僕も腹が減ってきたので、ホテルから徒歩30分ほどのタパス屋へ。

a0084208_240586.jpg11時過ぎだったけど満員。
日本人観光客とおぼしき姿もちらほら。


a0084208_2423083.jpgチーズコロッケ、イカ墨パエリア、、、
などなどなどをつまみに。

ビール(何故かギネス)を。

a0084208_2425015.jpg


調子に乗ってはしご。お次はワインバーへ。
といってもしゃれたものではなく、日本の1杯飲み屋みたいなやつ。

a0084208_2465082.jpg生ハムなどをつまみにワインをグラス2杯。

店を出たのは12時半くらいだったけど、
店内はまだ3分の2くらい埋まってた。
夜遊び好きだな、スペイン人。

a0084208_247873.jpg


酔いどれ気分で歩いてホテルに帰る。
思っていたより治安は良さそうだった。少なくともホテル周辺は。

[PR]
by bamuse1218 | 2007-06-10 12:23 | OTHERS@Oversea
<< Spain旅行 Day6 Ba... Spain旅行 Day4 Se... >>