Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’ その2

Spanish Dance Society主催の
‘International Summer School 2007’を受講しているのですが。
土曜日・日曜日はLunch休憩の間にデモンストレーションがありました。

a0084208_17595883.jpgこの女の子は私と同じく
Level2を受講しています。

可愛らしい‘ファルーカ’を
披露してくれました。


a0084208_1812238.jpg彼女が踊ってくれたのは
‘ガロティン’の原型となったもので。
フラメンコのルーツとなるジプシー・ダンス。

物語仕立てになっていて、
現在の‘ガロティン’とは全く違うものでした。


a0084208_1851795.jpgお次は現在踊られている
‘ガロティン’の登場です。

フラメンコが芸術として高められた功績は
カルメン・アマヤにおうところが大きいとか。


a0084208_1864110.jpg彼女はアレグリアスを踊りました。
華やかな衣装がよく似合っています。

どことなく日本の先生に雰囲気が似ており、
勝手に親近感をおぼえちゃっています。


a0084208_1892295.jpgとりはプロとしても活躍する
キャサリンの登場です。

‘シギリージャ’と‘ブレリアス’の二曲。
マルコ&アンガスのカンテ&ギターとも
息がぴったり、素晴らしかったです♪


最後は出演者全員に参加賞?のお菓子がくばられました。

a0084208_18122556.jpg


人の踊りをみることは、ひじょうに学ぶことも多く。
あらためて、よく考えられたコースだと感心してしまいました!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-29 17:57 | Flamenco
<< カルトナージュの‘収納箱’ Spanish Dance S... >>