Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’その3

今日はSpanish Dance Society
‘International Summer School 2007’の最終日。

クラスの後でLevel1~3が集まり、5日間の成果を発表しあいました。

クラスで学んだ踊りを先生と一緒に披露するのですが。
先生方の踊りがあまりに素晴らしく、ついついそれにばかり見入ってしまいました。

こちら、テクニックを教えてくださったMiguel Angel Espino先生。

a0084208_7283049.jpg



誰よりも姿勢がよく上背もあり、迫力のある華やかなクラシコを披露してくれました。
クラスでもにこやかに皆を盛り上げてくれて、踊りだけでなく人柄も素敵な先生でした。

こちらは振り付けを教えてくださったBeatriz Martin先生。

a0084208_7325585.jpg


フットワークはもちろん、体全体のつかいかたが驚くほど美しく。
私はすっかり先生の踊りに魅了されてしまいました。
教え方もわかりやすく的確で、生徒に負けないぐらい真剣になってくれました。


最後は先生方から、一人ひとりに終了証が。

a0084208_7384377.jpg



とても幸せな5日間でした。

-----

これで、私の海外におけるフラメンコも一区切り。

2年間の海外生活、私を支えてくれた1番はPをはじめとする大切な人たちですが。
2番目は間違えなく、フラメンコでした。

お世話になった先生たち。。。Nelida、Jose、Mariano、Nuria。
一緒に踊った仲間。。。Shihoちゃん、カルミーナさん、cocoさん、Ritsukoさん。
ありがとうございました。

またいつの日か一緒に踊れる日を楽しみにしています!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-31 07:24 | Flamenco
<< サザーク散策 カルトナージュの‘収納箱’ >>