Joel Robuchon Restaurant(☆☆☆☆☆)

今日のランチは恵比寿の‘Joel Robuchon Restaurant’にお邪魔しました。


シャンパンゴールドと黒で統一された店内はとてもシック。
各テーブルに置かれたお花やガラスのツリーも、気がきいています。

a0084208_9373750.jpg



a0084208_943178.jpgまずは乾杯。

Pはシャンパン。
私はシャンパン少な目のミモザで。


a0084208_944352.jpgワインはクロ・ド・ラ・ロシュを。

華やかでバランスがよく。
お料理によくあいました。


私は‘Menu Gourmand’、Pは‘Menu Dejeuner’というコースをいただきました。

a0084208_9542442.jpgアミューズ。
柿のグラニテ。

ほどよい甘さで
口がすっきりとします。


a0084208_9544422.jpgPのアミューズ。
パンプキンのムース。


前菜一皿目。
私は‘特選生雲丹 甲殻類のジュレになめらかなカリフラワーのクレーム’。
ロブションのスペシャリティの一つだそうです。 目にも口にも美味しい一品。

a0084208_1042686.jpg


Pは‘伊達鶏 手羽と砂肝のコンフィ’。 ワインとの愛称、抜群の一品。

a0084208_1064267.jpg


前菜二皿目。
私は‘大椎茸 ピエ・ド・ポー、クルミを詰めてローストし、低温調理した卵をのせて’。
詰められたクルミの香ばしさと、肉厚な椎茸のお味が絶妙のバランスでした。

a0084208_1031625.jpg


Pは‘愛知産ムール貝 スープ“ムクラード”を根セロリのフランに注いで’。

a0084208_10313763.jpg


お魚。
私は‘真鯛 ポロ葱のエテュペとシトロネエルの香りのクリームを添えて’。
レモングラスがきいて、東南アジア料理のような味わいの一品。

a0084208_10341546.jpg


Pは‘タスマニア産サーモンのコンフィ ソースジュヌボワーズと共に’。

a0084208_10355950.jpg


お肉。
私は‘特選和牛ロース肉 グリエにし、旬野菜のエテュペと共に’。
やわらかく、ほどよく脂ののったロース肉は絶品。
お野菜は牛蒡・人参・蓮根といった和風な根菜が中心。

a0084208_1039496.jpg


Pは‘ハーブ豚 ブレゼを盛り合わせて 大粒マスタードのソースと“ジュ”を添えて’。

a0084208_10401458.jpg


口直しは両コース共通。
‘アーモンド ソルベにし、アプリコットのジュレとバニラの香りで’。

a0084208_10423769.jpg


デザート。
‘洋ナシ 柚子の香りにマリネし、チーズケーキとキャラメルのソースと共に’。
さっぱりした柚子のソルベ&ジュレと濃厚チーズケーキのバランスが抜群でした!

a0084208_10444988.jpg


食後、ミルク多めのカフェ・ラテをお願いしたところ、DECAFにもできるとのこと。
出すぎず、でも丁寧にお客をリラックスさせてくれる。。。サービスの質も抜群でした。

a0084208_10494042.jpg


料理、雰囲気、サービス。。。すべてに大満足!!
ワインをガブガブ飲めるようになったら、ディナーにお邪魔したいと思います♪

最後に見事なバカラのシャンデリアをパチリっ。

a0084208_1057697.jpg


[PR]
by bamuse1218 | 2008-12-14 10:50 | TOKYO グルメ・買い物
<< ‘ラーメン ゼロ’の無添加ラーメン。 ベビー用品を手作りしてみました... >>