2011年 03月 13日 ( 1 )

仙台の父・母と連絡つながる & 今日の東京

用事があり、昼から日本橋の高島屋へ。

商品も豊富で、通常通りの営業をしていました。
売り場の方々に話をうかがうと。
地震当日は帰宅困難になった買い物客・従業員も多く。
売り場を開放、寝泊りした方も多かったそうです。

屋上でIさんを遊ばせているときに、
父の携帯から着信があり。
地震後はじめて、まともに話すことができました。

柴犬のさくらもいるので。
避難所にはいかず、自宅で過ごしているそうです。
ライフラインは復旧のめどがたっていないようですが。
今のところ石油の買い置きもあり、
ストーブで暖をとったりお湯をわかしたりできているようです。

通話途中、電波がよくないのかきれてしまい。
その後はまた、電話が通じなくなってしまいました。
でも、父と母の肉声がきけ、本当に安心しました。

帰宅途中、給油をしようとしたら、いつものガソリンスタンドは売り切れ。
とりあえず近所のスタンドに寄ると、一台10Lの制限給油とのこと。
お店の方によると、製油所がしまっていて、供給がストップしているそうです。
街道沿いにあいているスタンドを探しましたが、4店舗ほどすでに売り切れ閉店。
最後になんとかあいているスタンドをみつけ、満タンにすることができました。

アカチャンホンポによると、オムツ・粉ミルクも売り切れ続出。
お店の方によると、倉庫でトラブルがあり、入荷未定だそうです。

スーパーの食料品棚は、ほとんど、すっからかん。
慌てて、いつも配達をお願いしているお米屋さんに10キロの配達をお願いしました。

明日からは輪番停電が開始されるそうです。
被災地の方の大変さを思えば、それぐらい乗り切らねばと思いますが。
情報も錯綜していて、対策もたてにくいのが現状です。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-13 08:30 | TOKYO 日常