カテゴリ:TOKYO 日常( 198 )

アンパンマンがくれる元気

今日の東京は雨。
本当は、外出したほうが元気が出るのでしょうが。
なんとなく、自宅にひきこもって過ごしてしまいました。

-----

仙台の父は今日も。
退職した勤め先にボランティアへ。

どうも、体調を崩したようで、微熱があるらしく。
母がとても心配していました。

今日は父の誕生日でした。
苺のケーキを用意して、お祝いしたそうです。
ワインを飲んで、体の中から菌を消毒したと笑っていました。

-----

長引く、被災地の方々の避難所生活。
皆さん、それぞれに大変だと思うのですが。
娘がいるせいか、こどもさんたちのことが、気になって仕方ありません。

娘が入院して精神的にまいっていたとき。
我が家はアンパンマンの存在、
特に主題歌「アンパンマンマーチ」の歌詞にとても勇気づけられました。

いま、東日本大震災の被災地に向け。
ラジオが「それいけ!アンパンマン」のテーマソングを繰り返し流し。
子供たちに勇気と力を与えているそうです。

↓参考記事
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110317k0000e040036000c.html

大人が聞いても、とてもすばらしい歌詞が胸をうちます。
よかったら聞いてみてください↓
http://www.youtube.com/watch?v=BUGh-7Y5kZA
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-21 21:39 | TOKYO 日常

佐川さん、よろしくお願いします!

今日はヤマダ電機へ。

仙台の両親宅、ガスの復旧にかなり時間がかかりそうなので。
「IHクッキングヒーター」と「電気ケトル」を送ることにしました。

レジで対応してくれた店員さんが、
被災地方面の宅急便事情にとても詳しく。
佐川急便の営業所止め扱いであれば、送れることがわかりました。
佐川さん、大変だと思いますが、よろしくお願いします!

その店員さん、ご実家は宮城県の沿岸部らしく。
その街は、半分以上の家屋が津波で流されてしまったそうです。
地震いらい、心配な思いをかかえつつ働いており。
交通機関が復旧したらすぐに、ご実家に向かうとのことでした。
どうぞ、避難所にいらっしゃるご家族のもとに
彼女がなるべくはやく会いに行けますように。

-----

ご近所のS家とランチをご一緒し、その後、S家にお邪魔しました。

IさんもR君に会えて嬉しそうだったし。
色々おしゃべりできて、私とPも、沈んだ気持ちが少し明るくなりました。
S家の皆さん、どうもありがとう!

-----

両親は今日、ご近所のオール電化のお宅でお風呂をいただけたそうです。
スーパー銭湯など、営業再開したけれど、長蛇の列らしく。
とても助かったと話していました。

今回の地震を通じて、血縁と地縁の大切さを痛感したそうです。

私も今回の地震後。
同じマンションのママ友と情報交換させてもらい。
とても助かったし、勇気づけられました。
ありがたいご縁、大切にしていきたいと思っています。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-20 23:07 | TOKYO 日常

父や母もがんばっています。

今日は、一昨日&昨日の寒さが嘘のようなあたたかさでした。

放射能の影響を恐れてか、ここ数日間
公園などでこどもの姿をあまり見ませんでしたが。
午前中に公園に行くと、親子連れが多数いてほっとしました。

-----

母は朝から9時間。
ご近所のご家庭でベビーシッターのボランティア。

市役所勤めの、共働きのご家庭で。
4歳から小学校5年生の3人の男の子がいるそうです。
保育園も学校もお休みになってしまい、困られていたとか。

そちらのご家庭は、一台だけあったテレビが壊れてしまい。
子供たちがあまりに哀しんでいたので。
両親宅にあるテレビを一台、貸し出すことにしたそうです。

買出しは、母の代わりに父が、3時間並んだとか。
お目当てのお豆腐やパンは買えなかったようですが。
コロッケやお菓子をそのご家庭に差し入れたそうです。

父は買出しのあと。
退職前の会社からのヘルプで、市内へ。
20時過ぎに母と話したときには、まだ帰ってきていないとのことでした。

-----

我が家には。
オムツが買えずに大変ではないかと
親戚がオムツを送ってきてくれました。

心遣い、本当にありがたいです。

-----

スーパーには商品がずいぶん戻ってきました。
いまだにないのは、米・乾燥麺・納豆 でしょうか。
いっときに比べると、ずいぶん落ち着いてきた気がします。

とはいえ、被災地では依然として
大変な思いをされている方がたくさんいます。
せめて今日のあたたかさが、しばらく続いてくれればと思います。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-19 22:25 | TOKYO 日常

地震から一週間がたちました。

今日は久しぶりに仕事がお休み。
前々からの約束で、Rちゃんと恵比寿でランチしてきました。

彼女は地震のとき、高層マンション20階で一人。
避難すべきなのか、エレベーターが動いているのかもわからず。
旦那さんが深夜2時に帰宅するまで、とても心細かったそうです。

思えば、私はオフィスにいて、色々な情報が入ってきたし。
すぐにPと合流することができたし。
恵まれていたのだと、痛感しました。

ウェスティンホテルは節電のため、薄暗い感じ。
でも、レストランはすべて営業していました。

-----

母は今日、歩いて20分ほどの生協に、開店一時間前に並んだそうです。
すでに500人ほどが並んでおり、後ろにもどんどん列がのびたとか。

いちばん欲しかったお豆腐は買えず。
かわりに玉子豆腐でお鍋をしたそうです。

明日は、ご近所のお宅でちょっとしたボランティアをするそうです。
そこのご家庭はご両親ともに市役所づとめ。
地震以来、休みなしで出勤されているそうなのですが。
こどもさんたちの預け先、面倒をみてくれる人がおらす。
子連れで出勤していたそうです。
なので、急遽、そこのお家で子供さんの面倒をみることにしたのだとか。

ーーーーー

私も、何か自分にできることをしたい、そんな気持ちでいっぱいです。

都内ですぐにできるボランティアは今のところみつからず。
とりあえず、Yahoo! や T-point の募金をしました。

節電につとめ、車は乗らず、不要な買いだめをしない。
そして、日本の経済をなるべくとめないように、普通に仕事を続ける。

そんなことを、被災地以外の一人一人が積み重ねるのが、とても大切な気がしています。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-18 22:43 | TOKYO 日常

大規模停電、回避されたようです。

今日は私は八丁堀で仕事、Iさんは託児所に行きました。

託児所は先生も通常通り出勤していたし。
お友達も昨日より多かったので、少し安心しました。

地震後初めて、八丁堀の職場に行ったのですが。
会議室の天井が一部、崩落していました。
幸い、怪我をした方はいなかったようで、何よりです。

営業さんたちは、ガソリン不足で得意先にいけず、困っていました。
手分けをして、ガソリンスタンドに並んだそうですが。
2000円しか給油してくれないところ、
個人車には給油してくれないところなどあったそうです。

-----

帰りがけ、日本橋高島屋の食品街によると。
お米・牛乳・卵以外は通常通りの品揃えでした。

自宅最寄り駅に17時ごろ到着してはじめて、
大規模停電が予定されていることを知りました。
慌ててIさんをピックアップ。
Iさんの託児所の入っているエレベーターは今まさに、
エレベーターの運行を中止するところでした。

Pも18時ごろにはタクシーで帰宅。
早々にお風呂に入り、ご飯を食べ。
今は一部屋を残して全ての電気を消して過ごしています。

-----

母は今日、近所のスーパーが営業再開したので。
朝10時開店のところ、8時から並んだそうです。
整理券番号200番、さらに列は続々とのびたとか。

30人ずつ入店して、5分以内に退店するよう言われたそうです。
とても厳しい状況が続いているようですが、
お肉や卵が買えたと喜んでいました。

-----

こんな非常時だからこそ、
つとめて、普通の生活を送りたい。
そんな思いを、友人とメールで話しました。
彼女のご実家は福島にあります。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-17 20:21 | TOKYO 日常

今日の仙台 & 今日の東京

今日も出勤日だったので、Iさんは託児所へ。
先生もこどもたちも、ずいぶんお休みが目立ちました。
ハーフちゃんたちは、関東を離れた子も多いそうです。

心配性の私は、そいう話を聞くと、とても不安になってしまうのですが。
Pは頼もしいことに、いつもと変わらず、どーーーんっとかまえてくれています。

バムセを連れて、卵を買ってきてくれるし。
夜もスーパーめぐりをして、在庫をチェックしてきてくれます。

今日は不安がる私のために。
海外で報道されている情報を色々教えてくれました。

もともと楽観的な彼ですが。
そのポジティブさに、本当に救われています。

-----

仙台の両親は今日、近所のホームセンターで買出しをしたそうです。
被災地仙台でいま、一番不足しているのは石油・ガソリン。

ガソリンスタンドは何時間も待った末、1000円分しか給油できないそうです。
順番待ちの間にガソリンをつかってしまうのを避けるため。
ガソリンをいれる缶、石油をいれるポリタンクを買い求める人が多いとか。

両親宅、電気・水道は復旧しましたが。
ガスの復旧にはまだまだ時間がかかるそうです。
なので調理は主に、カセットコンロだのみ。
その燃料を買うために、3時間レジ待ちをしたそうです。

お風呂も入れないし、大変な状況は続いているのですが。
毎日、ちょっとした楽しみをみつけて過ごしているようです。
昨日は、近所のケーキ屋さんでケーキを買い。
今日は、ホームセンターでレトルトの蒲焼を見つけて食べたそうです。

-----

母と話して、自分ももっとしっかりしなくてはと思いました。
親の動揺はこどもに伝わるといいますし。。。

幸いIさんはとても元気で、その笑顔に救われています。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-16 00:34 | TOKYO 日常

仙台の両親、水が復旧 & 今日の東京

今日も東京、昨日ほどではないものの。
輪番停電のために朝から交通機関が混乱していました。

私が利用する山手線は、本数を減らしての運行。
いつもより、かなりの混雑でした。

東京駅に着くと、東京-那須塩原の運転を再開した
東北新幹線の発券窓口に長い列ができていました。

会社は、昨日は半分ほどの人が出勤をあきらめ、
自宅のPCで仕事をしたそうです。
今日は8割ほどの人が出勤、
私も含めて大半の人がはやめ退社をしました。

今日のニュースは朝から福島の原子力発電所事故のことばかり。
東京でも一時、通常の10倍ちかい放射線値がでたそうです。
そのせいか街では、マスク・帽子姿の人が多く見られました。

-----

夕方、仙台の両親と電話で話したところ。
今日は塩釜に住む父のもと同僚宅へ、おにぎりを届けてきたとのこと。

その方は、地震当日。
東京から来ていたもと同僚の方と石巻に行っていて。
仙台に戻る途中、三陸自動車道上で被災されたそうです。

実は父も、当初は一緒に石巻に行く予定だったのが。
母が手術後だったため、直前キャンセルしたのだそうです。

その方のご自宅は高台で、津波の被害はなかったそうですが。
我が家がよくお邪魔していたお寿司屋さんのある港近辺は
かなり津波の被害を受け、現在どうなっているかわからないそうです。

-----

夕食後、母からの電話。
水道が復旧したとのこと!

トイレで、つい癖で、「流す」ボタンを押したら水が流れ。
水道もふつうに使えるようになったそうです。
今までは、お風呂にためた水でしのいできたので。
本当に喜んでいました。

-----

Iさんの寝かしつけをしていたら。
久しぶりに大きな余震がありました。
静岡震源で、震源地は震度6強、東京は震度3だったようです。

まだまだ余震も続き、原発事故の状況もはっきりせず
不安な日々が続いています。
でも、被災地の避難所で、寒さに耐えている方々の大変さに比べれば。
これぐらい、乗り切らねば。。。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-15 23:14 | TOKYO 日常

仙台の両親宅、電気が復旧 & 今日の東京

昨晩の東電による輪番停電の知らせとともに、
鉄道各社が運休などを決め。
今日の東京、通勤・通学は混乱をきわめたようです。

Pの会社からは日曜日、自宅待機との連絡がありましたが。
仕事もあるからと10時ごろ、出社していきました。
JRは混雑、逆に東京メトロはガラガラだったそうです。

私はIさんと、トイレットペーパーと箱ティッシュを求めてドラッグストアへ。
すでに店内在庫はなくなっていましたが。
運よく、在庫補充のダンボールをあけるところだったらしく。
なんとか手に入れることができました。

友人たちも、生活用品や食費を手に入れるのに苦労しているようです。
どこのスーパーもレジは長蛇の列、棚はガラガラだそうです。

同じマンションの働くママさんは。
今後、輪番停電のために
保育園が預かってくれなくなるのではと心配していました。
今日も、輪番停電が予定されていた目黒区の保育園の一部では
預かり時間を制限していたそうです。

午後、両親から電気がもどったとのメールがはいり。
固定電話で連絡がとれるようになりました。

近所のスーパーやホームセンターに品はあるようで。
ある程度、並ぶものの。
食品や生活用品など手に入れられているそうです。
ガソリンスタンドもあいているそうですが、
5時間待ちの長蛇の列だそうです。

ガス・水の復旧がまだなので、不便ではあるようですが。
とりあえず電話やテレビがつかえるようになり、
両親もほっとしているようでした。

明日は丸の内で仕事なので。
通勤やIさんの託児がちょっと心配です。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-15 01:22 | TOKYO 日常

仙台の父・母と連絡つながる & 今日の東京

用事があり、昼から日本橋の高島屋へ。

商品も豊富で、通常通りの営業をしていました。
売り場の方々に話をうかがうと。
地震当日は帰宅困難になった買い物客・従業員も多く。
売り場を開放、寝泊りした方も多かったそうです。

屋上でIさんを遊ばせているときに、
父の携帯から着信があり。
地震後はじめて、まともに話すことができました。

柴犬のさくらもいるので。
避難所にはいかず、自宅で過ごしているそうです。
ライフラインは復旧のめどがたっていないようですが。
今のところ石油の買い置きもあり、
ストーブで暖をとったりお湯をわかしたりできているようです。

通話途中、電波がよくないのかきれてしまい。
その後はまた、電話が通じなくなってしまいました。
でも、父と母の肉声がきけ、本当に安心しました。

帰宅途中、給油をしようとしたら、いつものガソリンスタンドは売り切れ。
とりあえず近所のスタンドに寄ると、一台10Lの制限給油とのこと。
お店の方によると、製油所がしまっていて、供給がストップしているそうです。
街道沿いにあいているスタンドを探しましたが、4店舗ほどすでに売り切れ閉店。
最後になんとかあいているスタンドをみつけ、満タンにすることができました。

アカチャンホンポによると、オムツ・粉ミルクも売り切れ続出。
お店の方によると、倉庫でトラブルがあり、入荷未定だそうです。

スーパーの食料品棚は、ほとんど、すっからかん。
慌てて、いつも配達をお願いしているお米屋さんに10キロの配達をお願いしました。

明日からは輪番停電が開始されるそうです。
被災地の方の大変さを思えば、それぐらい乗り切らねばと思いますが。
情報も錯綜していて、対策もたてにくいのが現状です。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-13 08:30 | TOKYO 日常

仙台の父と連絡つながる & 地震後の東京

朝から何度も電話をかけ。
一度だけ、仙台の父の携帯電話とつながりました。
電波状況が思わしくなかったようで、一瞬できれてしまいましたが。
声を聞けて、少しほっとしました。

東京は、普通どおりといえば、普通どおり。
近所の飲食店は半分以上開店しているし。
Iさんのスイミングクラスも通常通り行われました。

でも。
大きなスーパーが臨時休業していたり。
マクドナルドも飲み物のみの販売。
あいているスーパーやコンビニの食料棚からは、
ものがほとんどなくなっている状態です。

テレビで、被災地の状況があきらかになってきました。
あまりの被害に言葉もありません。
一刻もはやい救助と復興を願ってやみません。
[PR]
by bamuse1218 | 2011-03-12 07:27 | TOKYO 日常