<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ロンドンでカルトナージュ:道具の買えるお店

ロンドンでカルトナージュをするにあたり、
私が使っている道具をご紹介しましたが → 過去記事参照 。

それらの道具がどこで購入できるか、ご紹介します。

☆ お薦めのアートショップ
http://www.cassart.co.uk/

必要なもののほとんどが、一度に手に入ります。
他のアートショップより、お値段も良心的です。
品切れの場合は店員さんに確認し、注文することもできます。

(購入できるもの)
各種カルトン・定規・カッター・カッティングボード・筆・接着剤・水貼りテープ
ハサミ(※1)・ヘラ(※2)

※1 各種ありますが、ペーパー用のハサミがメインです。
※2 プラスチック製のみ

-----

☆ お薦めの手芸店

John Lewis か Peter Jones

(購入できるもの)
ハサミ・接着剤(※1)・ワタ(※2)

※1 お値段はアートショップに比べて高めです
※2 Oxford St. の John Lewis では、生地を裁断するカウンターの下にあります。
    Peter Jones は十中八九、品切れです。

-----

☆紙の専門店
http://www.falkiners.com/Principal%20headings/CONTACT%20US.htm

(購入できるもの)
各種厚紙(※1)・ヘラ(※2)・裏貼り用の紙

※1 お値段はアートショップに比べて高めです
※2 オックスボーン製のみ

-----

以上、参考ににしていただければ幸いです。
質問などありましたら、コメント欄にメッセージを残してください。
[PR]
by bamuse1218 | 2006-06-18 20:46 | 豆情報

ロンドンでカルトナージュ:必要な道具について

私がロンドンでカルトナージュをするにあたり。
使っている道具をご紹介します。

a0084208_18581374.jpg① カルトン(厚紙)

私は作るものによってお
厚さの違うカルトンを使っています。


a0084208_196076.jpg厚さ2mmのカルトン。

額縁用の紙として売られているもので。
画材屋には各色とりそろえられています。

平面的なもの(フォトフレーム等)に向きます。
そりが出やすいという難点があります。


a0084208_1910641.jpg
厚さ3mmのカルトン。

お店によっては2.5mmの厚さのものも。
ずっしりと重みがあります。

立体的なもの(ボックス等)に向きます。
紙自体に、ちょっと独特のニオイがします。


a0084208_19121797.jpg 厚さ5mmのカルトン。

本場フランスで用いられているカルトン。
カルトンボアと呼ばれ、とても軽いです。

カットしやすいため、曲線的なものや
壁にかけるものに向きます。

お値段は、他に比べてお高めです。


-----

a0084208_19153638.jpg② 定規・カッター・カッティングマット

定規は端から目盛りがついているものを。
ステンレス製がお薦めです。

カッターは、刃が大きめのものを。
マットは雑誌等でも代用可能です。


a0084208_19271850.jpg直角にカットすることが重要なので。

三角定規やT字定規もあると便利です。


-----

a0084208_19312915.jpg③ 筆

生地をカルトンに貼る際に、
接着剤を塗るのに使います。

3cm幅ぐらいと1cm幅ぐらい、
2本用意しておくと便利です。


-----

a0084208_19421988.jpg④ 接着剤

日本の木工用ボンドのようなもので。
ラベルにはPVAっと書いてあります
(樹脂製ボンドの意味)。

製品によりかなり濃さが違うので。
色々、使い分けるようにしています。

濃いものを水で薄めることもできます。


-----

a0084208_19552863.jpg⑤ ハサミ

生地をカットするのに用います。

裁ちバサミ以外に、
先のとがった細いハサミが必要です。

接着剤がついてしまったら。
水でこまめにふきとると良いようです。


-----

a0084208_20183975.jpg⑥ 水貼りテープ

立体的なものを作る際の補強用。
切手のように片面に糊がついていて、
水をつけながら貼ります。

幅は2.5cm程度のものがよいです。


-----

a0084208_20211367.jpg⑦ ヘラ

生地とカルトンの接合面を
綺麗に仕上げるために使います。

手前はオックスボーン、奥はプラスチック。


-----

a0084208_20234140.jpg⑧ ワタ

ボックスのふた等をふっくらさせたい時に
カルトンと生地の間にいれます。

パッチワーク用のうすいワタで、
「Wadding」っという名前で売られています。


-----

a0084208_2026668.jpg⑨ 裏貼り用の紙

ボックスの内側などに貼る紙で。
生地と紙の中間のような材質のものです。
紙より上部で、生地のようにほつれません。

フェルトや和紙などを用いることもできます。


-----

以上、参考ににしていただければ幸いです。
質問などありましたら、コメント欄にメッセージを残してください。
[PR]
by bamuse1218 | 2006-06-18 18:44 | 豆情報