<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

プレミア・リーグ試合観戦

今日はプレミア・リーグ“CHELSEA vs ASTON VILLA”の試合観戦に行ってきました。

プレミア・リーグといえば、サッカーの母国イングランドにおけるトップ20チームが
熱ーい戦いを繰り広げる人気リーグです。
人気チームの試合は、チケット入手もなかなか困難なんだとか。

そんなチケットをノロマな我が家が購入できるわけもなく。
今回は、ひとえにチェルシーの年間チケットを持っているN夫妻のおかげで観戦実現!
いつもお世話になりっぱなしで恐縮です。。。

a0084208_7513785.jpgチェルシー・スタジアムは
我が家から徒歩可能圏内。
お散歩もかねて、
プラプラと歩いて行きました。



a0084208_7532380.jpg騎馬警官が
道路整備をしていたり。



a0084208_7534551.jpg途中のパブは、景気づけに
ビールをあおるチェルシーファンが
店外まであふれていたり。



a0084208_75412.jpg我々の気分も
盛り上がってきたところで。
スタジアムに到着!



a0084208_7542912.jpg入場する前に・・・

おっと、忘れちゃいけない。
我が家も景気づけに一杯!



a0084208_754565.jpg青一色に染まった満員の観客席!



a0084208_7552229.jpgいよいよ、選手入場。
試合開始!



a0084208_7554245.jpg試合はチェルシーが1点先制した後、
アストン・ビラも1点をかえし。
その後、ひきわけに。



a0084208_7561785.jpg大人も子供も、
頑張って応援していました。

前の席の二人は、
ユニフォームできめていたし。



a0084208_7563993.jpg斜め前の親子は、
お父さんはベッカム・ヘア。
子供は・・・もひかん?



a0084208_757091.jpgそして我が家も、
にわかチェルシー・ファンに。

Pは11番DROGBAのユニフォームを購入。



a0084208_7574367.jpgそしてなんと、私は・・・

BAMUSEユニフォームをゲットです!
わはは♪
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-30 07:41 | UK 日常

Casino体験

街のあちらこちらで見かける“Casino”と掲げたお店。
「えっ、カジノ?でもラスベガスじゃあるまいし・・・」っと思っていたら。
本当にカジノであることが判明!
Pの友人のL(マレーシア人のお金持ち!)に連れて行ってもらいました。

「あんまり高級じゃないところを」という我々の希望をもとに
彼が選んでくれたのは「Golden Nugget」というお店。
SOHOの中華街付近にあります。

a0084208_603789.jpg


金曜の夜だけあって、店内は大盛況。
一番多かったのがルーレット、あとはブラックジャックとバカラが何台か。
ルーレットのBetは£1~、ブラックジャックは£5~でした

a0084208_614813.jpg

本当はブラックジャックが好きなのですが、
£5~でやる自信はなくて今回はパス。。。
P&Lがルーレットで遊ぶのをながめていたのですが。

たまたま一回だけ好きな数字に£1かけたら、当たっちゃいました! 36倍!!
ビギナーズ・ラックって、本当にあるもんですね。

運よく3人とも勝って、ご機嫌なCasino体験でした。
次回は・・・ブラックジャックに挑戦かしら?!
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-29 05:58

はぁ。。。

異国での生活に、トラブルはつきものですが。
我が家は現在、電話関係で大いにトラブっています。

日本でのNTTにあたるBT(ブリティッシュ・テレコム)に
接続の申し込みをするのですが。

まず、新規申し込みの窓口の電話がこみあっていて全然つながらない!

ようやくつながったと思ったら、我が家の部屋番号が存在しないから
申し込みはできないと言われ。

Pの会社を通じて何とか申し込みができたと思ったら。
数日後に突然、BTに言われた電話番号から別の番号に変わってしまい。

それ以来、?語による間違い電話が増えたり。。。
突然、電話が話し中状態になってしまったり。。。

さらに、BTのブロードバンドサービスに申し込もうとしたところ。
なぜか旧い電話番号でしか申し込みができず。

首を長ーくして待ち望んでいたブロードバンド・セットが到着しても、
ネット接続できず。。。

Pが問い合わせをしたところ。
さんざん、たらい回しにされた挙句にわかったのが。
なんでも現在我が家が使用中の新しい電話番号は
他人が契約しているBT以外のラインの番号で。
おそらく何かの手違いで我が家のラインと混線してしまっているんだとか。

来週中には解決できるように努力するとはいうけれど。
まったく、どうなっているんでしょうねえ。

ロンドンにきてもう一ヶ月になるのに。
いまだに自宅でネット接続できず、スターバックスに通う日々。
はぁ。。。
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-28 23:39 | UK 日常

刺繍教室見学

今日は日系フリーペーパーで見つけた刺繍教室の見学に行ってきました。

私は意外?にも細かい作業が大好きで。
日本ではビーズにこっていた時期があるし。
NYでは、お友達と編み物をしたりしていたのですが。

せっかくロンドンに住むようになったのだから。
いかにも「イギリス!」っという手芸系を習ってみたいと思い。
こちらのお教室の見学に行くことにしました。

a0084208_943178.jpg最寄り駅はEarl's Court。
近所なので徒歩圏内でした♪

お宅はレンガ色のビクトリア朝建物。
趣があり、一番人気の建築様式です。



a0084208_95082.jpgプライベート・ガーデンに面して
景色もとっても素敵でした。



残念ながら、お教室内の撮影はできませんでしたが。
定員4名という少人数クラスで、とても和やかな雰囲気。
最後には楽しいTea Time まであります。

来週から火曜日の午後クラスに参加することに。
「スタンプ刺繍」という新しい技法に挑戦しますが、どうなることかしら!!

----------
刺繍教室 @ Earl's Court
Tel:020-7341-7621

火曜 10:30~13:30 / 13:30~16:30
木曜 10:30~13:30 / 13:30~16:30
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-28 09:03 | UK 日常

Afternoon Tea Class

今日は一度参加してみたいと思っていたAfternoon Tea Classへ。
Lちゃんと一緒にトライしてきました。
イギリス人女性(Giulianaという素敵な方です)から英語で
Afternoon Tea用のショートブレッド・サンドイッチ&スコーンの作り方を習い。
その後、紅茶と一緒に試食するという、なんとも優雅なクラスです。

a0084208_1703350.jpg場所は先生のご自宅で。
ビクトリアン朝様式の
とても可愛らしいお家でした。



a0084208_1711670.jpg最寄り駅は“St. John's Wood”、
閑静な高級住宅地として有名です。
リビングから見える家並も
なんだか素敵な感じ。。。



a0084208_171503.jpg中庭に面したキッチンで、
エプロンをつけて作り方を習います。
イギリス人家庭の台所を垣間見られる
貴重な機会かも。



a0084208_172318.jpgまずはショートブレッドを作りました。
想像以上の分量に占める
バターの多さに。。。ちょっとタジタジ。



a0084208_1742854.jpgサンドイッチは三種類。
サーモンは可愛くロール・サンドに。
たっぷりレモン汁と胡椒をかけるのが
美味しいコツだそうです。



a0084208_1745073.jpg先生がキュウリのサンドイッチを
作ってくれるのを眺めながら。



a0084208_1752027.jpg我々はティー・ブレイク、
“アール・グレイ”をいただきました♪
普通のお茶よりも長め(5分くらい)
に入れるのが美味しいコツだそうです。



a0084208_1753716.jpgサンドイッチを盛り付け!
真ん中に卵サンド、
その両脇にキュウリ、
そしてロールのサーモンです。



a0084208_176214.jpg最後にスコーン作り。
Giulianaの手さばきは見事です。



a0084208_1763016.jpg焼きたてのスコーンたち、
とっても美味しそう!

その後、作ったものを居間へ移動。
待ちに待った試食タイムです。



a0084208_177898.jpgGiulianaが美味しいお茶の入れ方を
説明してくれました。
「自分が美味しいと思う飲み方が
正しい方法なのよ」っと鷹揚なコメント。
「でも、お湯だけは熱いものをね!」とのこと。



a0084208_1773378.jpg作りたてのものを
美味しい紅茶と一緒にいただきながら。
楽しいおしゃべり・・・(英語だけど)

とても素敵なTea Timeでした♪



お値段は£50と安くはありませんが。
それにみあった内容だったと思います・・・お薦めですよ♪

----------
Giuliana's Kitchen
Tel:020-7586-3016(English)
Email:giulianaorme@yahoo.co.uk(English)

Afternoon Tea Class は毎週火曜日の10:30-13:30、£50。
他にも、料理クラスがあります。
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-26 16:58 | UK 日常

バッキンガム宮殿の一般公開

今日はバッキンガム宮殿の見学に行ってきました。

バッキンガム宮殿、夏の限られた期間だけ一部が一般公開されるのです。
なんでも、はじまったきっかけは
1992年に焼けてしまったウィンザー城の修復費用を捻出するためだったとか。
理由は何にせよ、ロイヤルのお住まい、見せてもらえるなら行かなくっちゃですよね♪

a0084208_8583885.jpgちょっとはやくついたので、
正面入り口付近をお散歩。



a0084208_859140.jpg入り口の紋章、
すっごいゴージャス!



a0084208_8595447.jpgさて、予約時間に入場。
完全予約制なのです。

案の定、カメラ撮影×・・・
なので内部はご想像ください。



ゴージャスながらも品を保ち、ロイヤルな感じでしたよ。
エリザベス女王の80歳の誕生日を記念して。
彼女の衣装・宝石といったコレクションの展示もありました。
Old Fashionedの感は否めませんでしたが(そりゃあ80歳ですもんねえ)
高価であることは一目瞭然ーーーーって感じでした。

a0084208_901951.jpg宮殿を出ると写真撮影もOK。



a0084208_90455.jpgお庭も広かったです。
狩とかできちゃいそうな感じ。



ところで、日本の皇室も「皇居の一部、一般公開」とかしないんですかねえ。
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-24 08:57 | UK 日常

国内旅行②:カンタベリー(Canterbury)

a0084208_8571128.jpgビクトリア駅から
電車に揺られること約1時間半。
今日はカンタベリー(Canterbury)という街へ
国内旅行に出かけました。



a0084208_8572778.jpgイギリスの国内鉄道旅行は。
車窓からは、家畜が
のんびりと草を食べる風景が楽しめて
なんだか癒されるぅ。。。



a0084208_857526.jpg到着しましたカンタベリー。
この街、城壁に囲まれた
中世のも影を色濃く残す街。
西の見張り台をくぐって中心部へ。



a0084208_8582221.jpg街を流れる小川では
リバークルーズを楽しむこともできます。
白鳥ものんびりくつろいでいました。



a0084208_8585080.jpg今でも旧い建物が現役で使われていて。
こちらは15世紀に建てられた家を
改装したレストラン。



a0084208_8591268.jpg1160年に建設されたという
アンティーク・ショップ。



a0084208_8594585.jpgまず向かったのは
“アウグスティヌス修道院跡”。
イギリスにおけるキリスト教の原点ともいえる
修道院の跡地です。



a0084208_901357.jpgなんというか・・・廃墟状態。
昔はここに
修道院の祭壇があったんだそうです。

ちなみにこちら、世界遺産の一つです。



a0084208_904025.jpg次に向かったのは“カンタベリー大聖堂”。
その素晴らしいゴシック建築は
世界遺産にも登録されています。



a0084208_905945.jpg内部にも見どころがたくさん。
アーチ型の天井は
びっくりするほどの作りこみ。



a0084208_912690.jpgこちら、1170年に
カンタベリー大司教トーマスさんが
王様の4人の騎士に刺殺された場所。
ちょっと、おどろおどろしい感じ。。。



a0084208_91466.jpg百年戦争で活躍して、
「ブラック・プリンス」として知られる
エドワード王子が眠る場所。
戦争好きで、政治力はゼロだったとか。



a0084208_92859.jpgステンドグラスもとっても綺麗。
いつまで見ていても飽きません。



こじんまりとした街なので、一日でじゅうぶん楽しむことができました。
街は可愛らしいし、“カンタベリー聖堂”は一見の価値ありだし!
ロンドンからの日帰り旅行地としてお薦めです!!
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-23 08:41 | UK 日常

国内旅行①:バース(Bath)

a0084208_1543618.jpgパディントン駅から
電車に揺られること約1時間半。
今日はバース(Bath)という街へ
国内旅行に出かけました。



a0084208_2383316.jpg車窓からは、家畜が
のんびりと草を食べる風景が楽しめたり。



a0084208_2393420.jpgなぜか??
真っ黒い煙がもうもうと噴出すのが
見えたり。。。。



a0084208_2404333.jpg到着しましたバース。
この街、ローマ時代の浴場遺跡があり。
お風呂(バス)の由来となった街なんです。



a0084208_2414181.jpgまずは“バース寺院”へ向かいました。



a0084208_2425812.jpg教会内部。
キリストの生涯を描いたステンドグラスが有名です。
天井の細工も変わっていて、印象的でした。



a0084208_2441478.jpg教会の外には、ちょっぴり珍しい彫刻が。
天使が梯子を登っています。



a0084208_2445996.jpg次に向かったのは、有名な“ローマン・バス”。
紀元前75年にローマ人が築いた
日本でいうところの“温泉ランド”のようなもの。



a0084208_2452957.jpg今も、毎日大量のお湯が湧き出ているんだとか。



a0084208_246192.jpgこのお湯、飲むこともできます。
18世紀の貴族のお楽しみだったとか。
味は、鉄っぽい味がして・・・・かなり微妙。



a0084208_2462842.jpgお土産物屋さんでは
お風呂グッズが売られていました。



a0084208_2464765.jpgこの街、18世紀のジョージ王朝様式の建物が
たくさん残されていることでも有名。
これは中でも一番有名な建物、
“ナンバー・ワン・ロイヤル・クレッセント”。



a0084208_2472778.jpg街並みもとても綺麗。



a0084208_248140.jpg遅めのランチは
“サリー・ランズ”というお店でいただきました。
なんでも建物が、バース最古なんだとか。



a0084208_2483254.jpg有名なのは、17世紀にお住まいだった
サリー・ランズさん特製の“バーン”。
ホットケーキ大のロールパン的なもの、
ジャムとクロテットクリームでいただきました。



歩きつかれて、Pも私もヘトヘトになって駅にたどりついたところ・・・
線路沿いの火事の影響で電車が大幅に遅れているとのこと!
行きに車窓からみた黒い煙、火事だったんですね、
おかげで帰路は3時間近くかかりました。
[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-17 01:32

DA MARIO(☆☆★★★)

今晩はN夫妻&S夫妻と一緒に晩ごはんをいただいたのですが。
初めて、近所のお店へ突撃!

a0084208_0233863.jpg“DA MARIO”というイタリア料理店。
地元の奥様方御用達っぽかったので
気になってはいたのですが。。。



a0084208_0242971.jpg階段に“故ダイアナ妃”の
名を刻んで。
売りにしちゃうあたりが
ちょっと微妙そう。。。



a0084208_0253873.jpg店内に入ると、いきなり。
“故ダイアナ妃&Mario”の肖像画。




a0084208_0261516.jpg店内はこんな感じ。
一応、にぎわっています。




a0084208_027858.jpgそしてやってきた料理たち。。。



結論からすると、全然OKレベルのイタリア料理でした。
お店の売りであるピザ、ちょっぴり湿っぽいけれど、お味はGood。

a0084208_0274069.jpgちなみにこちら、本日のお薦め。
その名も“ダイアナ”でした。


[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-16 23:59 | UK グルメ・買い物

オープン・ハウス @ ロンドン

ロンドンには、超クラシック or 超近代的 な建物がたくさん!
そういった建物、ふだんは非公開だったり有料だったりするのですが。
それらに無料入場できるイベント・・・それが“オープン・ハウス @ ロンドン”です。
毎年恒例らしいのですが、今年は9/16(土)&17(日)で行われました。

a0084208_2320744.jpgまずトライしたのは“イングランド銀行”。
でも2時間待ちの長蛇の列に断念。

こちら、
世界最古の中央銀行なんだそうです。



a0084208_23255686.jpg斜め向かいにある、“旧王立取引所”。
とっても存在感のある建物です。
今は高級ショッピングモール、
でも土日は残念なことにお休み。



a0084208_23272579.jpgすぐ近くの“HSBC銀行”が
オープン・ハウスをしていました。



a0084208_2329328.jpg地下金庫の入り口なども見せてくれて
なかなかのサービス!



a0084208_23294782.jpg次のお目当ては“スイス・リ本社ビル”。
ピクルスに似ているので
“ガーキン(=若いキュウリ)”と呼ばれています。
ノーマン・フォスターさんという
売れっ子設計士さんによるデザインです。



a0084208_2331284.jpgしかし・・・ウェブにて要予約だったらしく
入れませんでした・・・大ショック!



a0084208_23324433.jpgめげずに、近所のロイズへ。
こちら、世界的に有名な保険組合のオフィス。
とても斬新なデザインです。。。



a0084208_23332670.jpgオフィスに入ると中央に
有名なロイズの時計が。。。



a0084208_2334489.jpgオフィス内のデザインもかなり斬新!



a0084208_23342765.jpgエレベーターはガラス張り!
高所恐怖症ではないけれど
ちょっとゾワゾワーーーっとする感じ。



a0084208_23345060.jpgゴージャスな応接会議室。
・・・お金のにおいがプンプン!



a0084208_23352115.jpgロイズのオフィスの向かいには
“リーデンホール・マーケット”があります。
こちら、歴史あるアーケード街。
「ハリー・ポッター」の撮影にも使われたとか。



a0084208_23354337.jpg最後に“タワーブリッジ”を眺めて帰りました。
ちょうど、跳ね上がった橋が降りるのをみられ
大満足♪


[PR]
by bamuse1218 | 2006-09-16 01:12 | UK 日常