タグ:スパニッシュダンス ( 3 ) タグの人気記事

Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’その3

今日はSpanish Dance Society
‘International Summer School 2007’の最終日。

クラスの後でLevel1~3が集まり、5日間の成果を発表しあいました。

クラスで学んだ踊りを先生と一緒に披露するのですが。
先生方の踊りがあまりに素晴らしく、ついついそれにばかり見入ってしまいました。

こちら、テクニックを教えてくださったMiguel Angel Espino先生。

a0084208_7283049.jpg



誰よりも姿勢がよく上背もあり、迫力のある華やかなクラシコを披露してくれました。
クラスでもにこやかに皆を盛り上げてくれて、踊りだけでなく人柄も素敵な先生でした。

こちらは振り付けを教えてくださったBeatriz Martin先生。

a0084208_7325585.jpg


フットワークはもちろん、体全体のつかいかたが驚くほど美しく。
私はすっかり先生の踊りに魅了されてしまいました。
教え方もわかりやすく的確で、生徒に負けないぐらい真剣になってくれました。


最後は先生方から、一人ひとりに終了証が。

a0084208_7384377.jpg



とても幸せな5日間でした。

-----

これで、私の海外におけるフラメンコも一区切り。

2年間の海外生活、私を支えてくれた1番はPをはじめとする大切な人たちですが。
2番目は間違えなく、フラメンコでした。

お世話になった先生たち。。。Nelida、Jose、Mariano、Nuria。
一緒に踊った仲間。。。Shihoちゃん、カルミーナさん、cocoさん、Ritsukoさん。
ありがとうございました。

またいつの日か一緒に踊れる日を楽しみにしています!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-31 07:24 | Flamenco

Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’ その2

Spanish Dance Society主催の
‘International Summer School 2007’を受講しているのですが。
土曜日・日曜日はLunch休憩の間にデモンストレーションがありました。

a0084208_17595883.jpgこの女の子は私と同じく
Level2を受講しています。

可愛らしい‘ファルーカ’を
披露してくれました。


a0084208_1812238.jpg彼女が踊ってくれたのは
‘ガロティン’の原型となったもので。
フラメンコのルーツとなるジプシー・ダンス。

物語仕立てになっていて、
現在の‘ガロティン’とは全く違うものでした。


a0084208_1851795.jpgお次は現在踊られている
‘ガロティン’の登場です。

フラメンコが芸術として高められた功績は
カルメン・アマヤにおうところが大きいとか。


a0084208_1864110.jpg彼女はアレグリアスを踊りました。
華やかな衣装がよく似合っています。

どことなく日本の先生に雰囲気が似ており、
勝手に親近感をおぼえちゃっています。


a0084208_1892295.jpgとりはプロとしても活躍する
キャサリンの登場です。

‘シギリージャ’と‘ブレリアス’の二曲。
マルコ&アンガスのカンテ&ギターとも
息がぴったり、素晴らしかったです♪


最後は出演者全員に参加賞?のお菓子がくばられました。

a0084208_18122556.jpg


人の踊りをみることは、ひじょうに学ぶことも多く。
あらためて、よく考えられたコースだと感心してしまいました!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-29 17:57 | Flamenco

Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’

一週間後に帰国を控えているというのに。
7/27~7/31の5日間、Spanish Dance Societyの
‘International Summer School 2007’を受講することに。

レベルは1~3まで、私はレベル2(フラメンコ歴4~6年)。
毎日、振り付け・テクニック・ブレリアスの3クラスがあります。

レベル2の振り付けの先生は‘Beatriz Martin’、曲はアレグリアスです。

a0084208_7245767.jpg立っているだけで絵になる先生ですが。
踊り始めるともっと素敵。。。

力強いフットワークをいれつつも、
ひじょうに女性らしい振り付けです。


テクニックの先生は‘Miguel Angel Espino’。
彼は日本を公演等で訪れたことがあるらしく、たまに日本語で話しかけてくれます。
テクニックと言ってもフットワークではなく。
半分はパリージョ、半分はクラシコエスパニョールのボディームーブメントです。

ブレリアスの先生は‘Gemma De La Cruz’。
小柄ながらとても力強い踊りをする先生で、教え方も明快です。

-----

帰国前に素晴らしい先生方のクラスを受講する機会に恵まれ。
忙しい時期なのに受講させてくれたPに感謝しつつ。
最後までがんばりたいと思います!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-27 07:08 | Flamenco