タグ:フラメンコ ( 18 ) タグの人気記事

宣伝:ベニート・ガルシア フラメンコスタジオ 第1回発表会

ベニート・ガルシア フラメンコスタジオ 第1回発表会’。

日時:6月1日(日) 17時半開場 18時開演
場所:‘北とぴあ さくらホール’ (最寄はJR王子駅)

私も踊ります(もちろん、群舞ですが。。。)♪

a0084208_10321632.jpg



ご興味ある方がいたら是非、みに来てください!
ご連絡いただけたら前売り券の手配もいたします。

[PR]
by bamuse1218 | 2008-05-14 10:33 | Flamenco

Happy Wedding!

高校時代の友人の結婚式にお邪魔してきました。

披露宴は加賀百万石の旧前田邸を移築してきたという会場にて。
当時そのままの天井やレトロなシャンデリアがとても素敵でした!

a0084208_2259666.jpg



a0084208_2302812.jpg花嫁姿の友人は
幸せオーラに包まれて。

とてもとても、綺麗でした。


a0084208_2312735.jpgいつまでもいつまでも
お幸せに!

本当におめでとう。


お料理も美味しかったのですが。。。

a0084208_2324574.jpg
a0084208_233020.jpg


お祝いにフラメンコを躍らせてもらうまでの間、緊張してしまい。
あまり食べられませんでした。。。残念!

結婚式場の方の
 「前田様も、この部屋でフラメンコが踊られたとは驚きでしょうね。」
っという言葉がひじょうに印象的でした。 確かに!
[PR]
by bamuse1218 | 2008-04-26 22:53 | TOKYO 日常

さようなら&ありがとう Fazil’s Studio

8th Avenue沿い。
46th Street と 47th Street の間にそのスタジオはありました。

a0084208_112840.jpg



私が通ったのは2006年9月から2007年7月。
はじめは日本人の先生のクラスを週1回。
その後、Jose Molinaのクラスを週2~3回。
たまにMariano Parraのプライベートを受けたり、自主練習をしたり。

a0084208_1161386.jpg



驚くほど旧いスタジオで。
階段をのぼっても、スタジオで踊っても、ギシギシギシギシ。

冬は屋外と同じぐらい寒く。 夏は扇風機をつけても地獄のような暑さ。

a0084208_11102071.jpg



Fazilおじさんをはじめ、受付の人はみんな無愛想。

クラスはどこも、レベルもスタイルも人種も年齢もバラバラ。 まさにNYそのもの。

a0084208_1112178.jpg



今年の2月6日をもってクローズになってしまったそうです。
立ち退き後は新しいコンドミニアムが建つのだとか。

さようなら&ありがとう、Fazil's Studio。
あの場所で踊るのが大好きでした。
[PR]
by bamuse1218 | 2008-04-09 11:14 | Flamenco

Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’その3

今日はSpanish Dance Society
‘International Summer School 2007’の最終日。

クラスの後でLevel1~3が集まり、5日間の成果を発表しあいました。

クラスで学んだ踊りを先生と一緒に披露するのですが。
先生方の踊りがあまりに素晴らしく、ついついそれにばかり見入ってしまいました。

こちら、テクニックを教えてくださったMiguel Angel Espino先生。

a0084208_7283049.jpg



誰よりも姿勢がよく上背もあり、迫力のある華やかなクラシコを披露してくれました。
クラスでもにこやかに皆を盛り上げてくれて、踊りだけでなく人柄も素敵な先生でした。

こちらは振り付けを教えてくださったBeatriz Martin先生。

a0084208_7325585.jpg


フットワークはもちろん、体全体のつかいかたが驚くほど美しく。
私はすっかり先生の踊りに魅了されてしまいました。
教え方もわかりやすく的確で、生徒に負けないぐらい真剣になってくれました。


最後は先生方から、一人ひとりに終了証が。

a0084208_7384377.jpg



とても幸せな5日間でした。

-----

これで、私の海外におけるフラメンコも一区切り。

2年間の海外生活、私を支えてくれた1番はPをはじめとする大切な人たちですが。
2番目は間違えなく、フラメンコでした。

お世話になった先生たち。。。Nelida、Jose、Mariano、Nuria。
一緒に踊った仲間。。。Shihoちゃん、カルミーナさん、cocoさん、Ritsukoさん。
ありがとうございました。

またいつの日か一緒に踊れる日を楽しみにしています!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-31 07:24 | Flamenco

Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’ その2

Spanish Dance Society主催の
‘International Summer School 2007’を受講しているのですが。
土曜日・日曜日はLunch休憩の間にデモンストレーションがありました。

a0084208_17595883.jpgこの女の子は私と同じく
Level2を受講しています。

可愛らしい‘ファルーカ’を
披露してくれました。


a0084208_1812238.jpg彼女が踊ってくれたのは
‘ガロティン’の原型となったもので。
フラメンコのルーツとなるジプシー・ダンス。

物語仕立てになっていて、
現在の‘ガロティン’とは全く違うものでした。


a0084208_1851795.jpgお次は現在踊られている
‘ガロティン’の登場です。

フラメンコが芸術として高められた功績は
カルメン・アマヤにおうところが大きいとか。


a0084208_1864110.jpg彼女はアレグリアスを踊りました。
華やかな衣装がよく似合っています。

どことなく日本の先生に雰囲気が似ており、
勝手に親近感をおぼえちゃっています。


a0084208_1892295.jpgとりはプロとしても活躍する
キャサリンの登場です。

‘シギリージャ’と‘ブレリアス’の二曲。
マルコ&アンガスのカンテ&ギターとも
息がぴったり、素晴らしかったです♪


最後は出演者全員に参加賞?のお菓子がくばられました。

a0084208_18122556.jpg


人の踊りをみることは、ひじょうに学ぶことも多く。
あらためて、よく考えられたコースだと感心してしまいました!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-29 17:57 | Flamenco

Spanish Dance Society ‘International Summer School 2007’

一週間後に帰国を控えているというのに。
7/27~7/31の5日間、Spanish Dance Societyの
‘International Summer School 2007’を受講することに。

レベルは1~3まで、私はレベル2(フラメンコ歴4~6年)。
毎日、振り付け・テクニック・ブレリアスの3クラスがあります。

レベル2の振り付けの先生は‘Beatriz Martin’、曲はアレグリアスです。

a0084208_7245767.jpg立っているだけで絵になる先生ですが。
踊り始めるともっと素敵。。。

力強いフットワークをいれつつも、
ひじょうに女性らしい振り付けです。


テクニックの先生は‘Miguel Angel Espino’。
彼は日本を公演等で訪れたことがあるらしく、たまに日本語で話しかけてくれます。
テクニックと言ってもフットワークではなく。
半分はパリージョ、半分はクラシコエスパニョールのボディームーブメントです。

ブレリアスの先生は‘Gemma De La Cruz’。
小柄ながらとても力強い踊りをする先生で、教え方も明快です。

-----

帰国前に素晴らしい先生方のクラスを受講する機会に恵まれ。
忙しい時期なのに受講させてくれたPに感謝しつつ。
最後までがんばりたいと思います!
[PR]
by bamuse1218 | 2007-07-27 07:08 | Flamenco

Spain旅行 Day3 Granada→Sevilla

(Spain旅行記 文章:by P/Photo:by Bamuse)

ホテルで朝食の後グラナダ市内観光へ。

a0084208_815719.jpgといっても見学したのは
豪華絢爛な王室礼拝堂のみ。

イサベル&フェルナンドのカトリック両王が眠る。

a0084208_8152517.jpg


あとはもっぱら奥さんのフラメンコ用品ショッピングに付き合う。

a0084208_816649.jpgグラナダはあまり大きな街ではないのに、
所々にフラメンコ用品店があり。

地元の人が普通に買いに来ていて興味深い。


a0084208_8171151.jpg何店か冷やかした後。

元気なおばちゃん3人がやっている衣装屋で
フラメンコ用の靴をお買い上げ。


a0084208_8181580.jpg楽器屋ではパリージョ(カスタネット)をお買い上げ。

どちらの店もほとんど英語が通じないものの、
一生懸命説明してくれて好感度大。


a0084208_8205745.jpgバールで軽く一杯。

ビール&タパスセット€1.7、
サングリア&タパスセット€2也。


ホテルに戻り車を取ってグラナダを後に一路セビージャへ。

あっさりと4時前に市内に入る。しかしそこからが大変。
車は多いし、旧市街は一通だらけ。運転はみなさん超適当。
2時間近く市内をうろちょろした挙句やっとのことホテルに辿り着く。

a0084208_828636.jpgホテルにチェックインし、
まずはタブラオのチケットを手配してもらう。

観光客向けのショーっぽいやつじゃなくて、
まじなやつが観たいと説明。

ホテルから歩いて10分ほど、
闘牛場にほど近いタブラオを薦められる。


部屋に荷物を放り込んでセビージャ市内へ。

a0084208_8294951.jpgホテルの近くの教会を覗いてみる。

カソリックでマリア信仰の強いスペインだけあり
内部はマリア様だらけ。

地元の老人が熱心にお祈りをしている。
主祭壇の前を横切る際はみな必ずマリア様に一礼。
無宗教な我々はそれだけで感心してしまう。


腹ペコでホテルお薦めのタパス屋に行ってみるも、まだやっておらずあえなく退散。
観光客の集まるエリアなら終日開いている店があるだろうとの読みで中心部へ。

a0084208_15374093.jpga0084208_15372318.jpg


読みがあたり無事、昼食兼夕食にありつく。
観光客向けの大した店ではなかったが、
空腹だったこともありパエリア、茹でダコなどを美味しくいただく。

a0084208_15395483.jpga0084208_15402014.jpg


食後、セビージャの街を軽く散歩。
いつか春祭りの時期に訪れてみたいものだ。

a0084208_16121397.jpga0084208_16123769.jpg


くたくただったのでホテルに戻り小一時間お夕寝。

a0084208_16294756.jpgショー開始の22時半ちょっと過ぎ、
道に迷いつつタブラオに到着。

NYやロンドンで観た超一流ダンサーに比べれば
大したことないだろうと思い。
つまらなかったら寝てようくらいのつもりで行った。


でもショーが始まってみると何の何の。
ダンサーもギターもカンテ(歌)もレベルが高いし、演ってるほうも客も大マジ。

a0084208_16395645.jpga0084208_16331040.jpg


思わず舞台に引き込まれ、終わったころにはすっかり興奮して元気になってた。

その後ホテル近くのバールでビールを1杯引っ掛けてホテルに戻る。

[PR]
by bamuse1218 | 2007-06-08 08:18 | OTHERS@Oversea

La Escuela de Baile の発表会

ロンドンにきてからお世話になっている‘La Escuela de Baile’。
こちらのフラメンコ教室の発表会?がありました。

a0084208_245172.jpgこちらがプログラム。

私はピンクの下線のついた
三曲を躍らせてもらいました。


‘3.Guajiras’は5人という少人数で。 この曲で初めてマントンに挑戦しました。

‘6.Tangos’はノリがよい曲です、振り付けも一緒に踊るメンバーも。

‘8.Alegrias’は私の大好きな明るい曲。
中・上級レベルの皆さんに混じらせてもらって踊るので、とても緊張しました。


a0084208_2575026.jpgリハーサルでは、他のクラスの方々の
踊りをみることができ、よい勉強に!

みんな真剣そのもの、でも楽しそう♪

a0084208_2582713.jpg


本番はどうだったかというと。。。

a0084208_2592870.jpgGuajirasで踊り初めを先走るという大失敗を。。。
あぁ。。。やってしまいました。。。

Tangosは踊りこんでいたから楽しく踊れたけれど。

Alegriasは明らかに踊りこみ不足、
Footworkをごまかしてしまい反省です。。


でも、たとえ失敗はあっても、舞台にたてるというのは幸せなこと。
勉強になるし、家族や友人に日ごろの成果?をみてもらえるし。
なによりなにより、自分自身が楽しい。。。あの高揚感は病み付きになります♪

----------

観に来てくれたお友達に、こんな素敵なお花をいただいてしまいました。

a0084208_124936.jpg来てくれて、本当にありがとう。

もっと納得のいく踊りをみせられるよう
これからも頑張りマース!!


a0084208_12532361.jpgあでやかな向日葵、
そして清楚な美しさの紫陽花。

食卓が華やぎます♪

[PR]
by bamuse1218 | 2007-06-01 02:41 | Flamenco

VIVA ESPANA

Kensington Olympiaで行われている
VIVA ESPANA’というイベントに行ってきました。

a0084208_1015778.jpg各ブースごとに
スペインのFoodやCultureを紹介。

メインは、イギリス人向けの
不動産の売り込みでしたが。。。


a0084208_10193062.jpg生ハムブースのお兄さんは
たくさん試食させてくれました♪

切り落としたばかりの生ハムって
本当に美味しいですね!

a0084208_10194928.jpg


a0084208_10221173.jpgワインは色々試飲させてもらったけれど。
こちらが一番、美味しかったです。

残念ながらホテルのオリジナルワインで、
販売はされていないそうなのですが。。。


a0084208_10265979.jpgカフェブースでランチを。
タパス、そして昼から飲むワイン。
最高です♪

a0084208_10231523.jpg


おっと、今回の目的は食べること、飲むことではないのでした。
メインステージにて、
私がレッスンをとっているフラメンコ教室のショーがあるのです。


a0084208_10285635.jpgまずは、プロのご姉弟が登場。
とても絵になる二人です。


a0084208_10311112.jpgその後、教室の主要メンバーによる踊り。

お世話になっているカルミーナさんや
cocoしゃんも登場しました♪

みんな、素敵でした!


その後、私も金曜昼クラスのメンバーと一曲踊ってきました。
ノリのよい‘タンゴス’、久々の舞台はとても楽しかったです♪

a0084208_10423233.jpg
わざわざ応援にきてくれた
I子ちゃん、Lちゃん、Mちゃん、
そしてSちゃん&Kちゃん。

本当にありがとう。

いただいたモエ、
来たる結婚記念日にいただきますね♪

[PR]
by bamuse1218 | 2007-03-16 10:03 | UK 日常

Flamenco Festival @ London

ロンドンでは現在、‘Flamenco Festival’として
フラメンコ関係の様々な舞台やイベントが行われています。

昨年の‘Flamenco Festival @ NY’に引き続き、
私もいくつかの舞台を観に行きました。

a0084208_19335777.jpgBallet Flamenco Eva Yerbabuena’。

東京のフラメンコ友達に、東京公演が
大盛況だったとの噂を聞いていたのですが。
ロンドンでも人気が高かったようです。

彼女のソレアは見事でした。
初めて、踊りをみて泣いちゃいました。


a0084208_19422358.jpgIsabel Bayon Compania Flamenca
with Mguel Poveda
’。

実は、風邪が悪化して観に行けませんでした。
すっごく残念。。。

かわりというわけではありませんが、
彼女の1日Workshopには参加してきました。

2日コースと勘違いしていたとかで
尻切れトンボのブレリアスではありましたが。
熱心かつ丁寧に教えてくれて、好感度大!


a0084208_2025495.jpgそして本日観に行ったのが
Gala de la Bienial de Sevilla’。

Joaquin Griloっという有名な
男性の踊り手さんが出ました。
‘気分(ヤル気?)にムラ’っという前評判を聞いて
不安だったのですが。。。彼の踊りは最高でした!

観そびれたIsabel Bayonも美しかったけれど。
やっぱり。。。Joaquin Grilo、最高~っ!


こんな大物たちが勢ぞろいする舞台が観られるのも、ヨーロッパならではですね。
帰国までに、色々楽しまなくては。
[PR]
by bamuse1218 | 2007-03-03 19:48 | UK 日常