Bank Holiday Day2

朝一番で、レンタカー会社から電話にて
 「代車の手配はできるけれど、車をホテルまで届ける人員が足りない。
  リーズにある空港の営業所まで来るように。」
っとのこと。

仕方なく、バスで空港まで向かうことにしました。 


a0084208_7435564.jpgバスの出発時間まで。
せっかくなのでBradfordの街を散策。

かつて羊毛産業で栄えた街らしく、
旧羊毛会館などの建物が残っています。

a0084208_7442054.jpg


バスに揺られること、約30分。

a0084208_7474810.jpg到着した空港にて、また哀しい出来事が。

代車はマニュアル車しかないというのです。
連休で予約がつまっており、
今からオートマ車の手配はできないとのこと。


怒る気力もなく、この会社に見切りをつけ、他の会社からレンタカーを借りることに。

a0084208_7552117.jpgもう二度と。
あの会社は利用しないつもりです。


a0084208_7562920.jpg夢にまでみたオートマ車とご対面。

おかげで旅が続けられることになりました、
感謝感謝!


とりあえず、近くに‘ソルテア’っという世界遺産があるようなので、行ってみることに。

a0084208_884533.jpg毛織物で財をなした
ソルト氏が作った産業村。

レンガ造りの建物が立ち並んでいます。
a0084208_89597.jpg


a0084208_813059.jpgとても小さな村ながら。
可愛らしいカフェもありました。

クリーム・ティーでちょっと元気回復です。


a0084208_8181242.jpgソルト氏の工場であるSalts Mill
ギャラリーや本屋として公開されています。


a0084208_8183993.jpg最上階にアンティークショップを発見しました。

狭いスペースながら、
なかなかの品揃えのようです。


a0084208_8272227.jpgPが家具コーナーから
動かなくなってしまいました。

アンティーク・チェアって、
どうしてもこんなに美しいのでしょう。。。

a0084208_8274294.jpg


‘ソルテア’を後にして、‘ヨーク’へと向かいました。
歴史ある美しい街並みが英国人にも大人気の、観光の街です。


a0084208_8472726.jpg城壁に囲まれた旧市街は歴史ある建物が多く。
歩いているだけでも楽しめます。

a0084208_8492173.jpg


a0084208_8511423.jpg‘Shambles’は観光客に一番有名な通り。

狭い通りには梁のある家々が
覆いかぶさるように軒を連ねています。


a0084208_8554980.jpg‘Most Haunted’の文字にひかれて
ちょっとPubに立ち寄りました。

ヨークの街には心霊スポットが多いらしく。
ゴーストツアーの類も多いようです。


a0084208_8592441.jpgこちらはヨーク城の唯一の現存部分である
‘クリフォーズ・タワー’。

駐車場のあるこちらで本日の観光終了。
明日はヨーク・ミンスターを中心に
もう一度、街の観光をする予定です。


この後、本日のお宿探し。
飛び込みや電話で数軒から断れたのち、ようやく一軒のB&Bにチェックインできました。

a0084208_9164774.jpg客室が9室もあるB&Bで。

お部屋も広くはないけれど清潔でした

a0084208_9191181.jpg


a0084208_9201859.jpg共有の場には素敵なアンティーク家具が。

私も少しずつでいいから、
帰国までに集めてみたいなぁ。。。

a0084208_9205364.jpg


a0084208_923282.jpg晩ごはんは近所のPubレストランへ。

家族連れも多い、
明るくて雰囲気のお店でした。


a0084208_9244352.jpga0084208_92518100.jpg


地元のビールを飲んで。 お腹一杯、食べて。
ようやく旅らしくなってきました。

a0084208_9261713.jpga0084208_9264938.jpg


今晩はぐっすりと眠れそうです。

[PR]
by bamuse1218 | 2007-05-27 07:36 | UK 日常
<< Bank Holiday Day3 Bank Holiday Day1 >>